中性脂肪燃焼・対策室

美容外科での施術

中性脂肪燃焼させる目的のために、費用をかければ、エステサロンで中性脂肪燃焼を促進する施術(マッサージ)などを受けることも悪くはないかもしれません。更に、もっと費用をかければ、「中性脂肪吸引」で中性脂肪を吸い出すことをしたり、手術して中性脂肪を摘出したりと美容外科での施術を受けることもできない話ではありません。

しかし、おなかの中性脂肪を落とす目的に、多大な費用を費やしたくないという話であれば、もっと簡単で、シンプルな方法で中性脂肪を燃焼させることを真剣に考えましょう。その具体的な方法のひとつが、呼吸法を変えることです。http://xn--vekv29fqkmiv4atma.com/が参考になります。

腹式呼吸

みなさんも、既にご存知かと思いますが、体に良い呼吸方法として腹式呼吸が広く行われています。たくさんのエクササイズにもこの呼吸法が取り入れられていて、呼吸法の基本と考える人もいるというものです。その腹式呼吸に似ている方法で、やり方は非常にシンプルで、かつ中性脂肪を燃焼させる効果の高い呼吸法があります。

1.ゆっくりと息を吸いながら、おなかを引っ込めてみましょう。
2.息を出来るだけ吸い込んだら、その後は、今度は徐々に吐きだします。

ポイントになる腹式呼吸

ポイントになることは、息を吸う際に、おなかを引っ込めることを意識して行うことです。このポイントを忘れずに実行して、さらに、息を吐くタイミングでは、力いっぱい息を吐くことが大切です。力いっぱい息を吐くことで、自然と腹筋で空気を押し出すようになるでしょう。

これまでにおなかを引っ込めていたときより、もっとおなかが引っ込むはずです。これによって、腹筋が鍛えられている感じがするかもしれません。呼吸する間もずっと、おなかは引っ込めたままで実行してみましょう。複式呼吸を経験したことのある方でしたら、もう既にご存知でしょうが、時間的には10秒吸って、10秒吐くようにします。